FC2ブログ

キルク

キルク/でぃくでぃく

Author:キルク/でぃくでぃく
趣味:絵描き、ゲーム、東方、読書、映画鑑賞
好み:ほのぼの、なんだかんだで恋愛物
雪さん、萃香
サークル:ダイダイ
相方:アイネクライネ古ノ花亭
mixi:dikdik
SkypeID
big-sea-kirk
twitterID
dikdik03




※『http://』は禁止ワードになってます

Twitter

 

時刻

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 

記事

検索

リンク

来訪者

 

「三次元なんかに興味あるか、ばーか」宣言
パパー

RSS

オォォォル、ハィィィル、ブリタァァニアァァアァァァ

※コードギアスとは一切関係ありません。
そういや橙好きだからって妹にオレンジオレンジ言われてたっけな。今も言われてるけど。
でも、良いんだ。俺ジェレミア結構好きだから。
一番好きなのはシャーリーですけど。
にわかですけど。
マオ出てきた辺りから見てないな~もうすぐシャーリーの見せ場なのに。見る気ないけど。


いやなに、やっとこさネタ曲覚えただけ。うんそんだけ。
そういや自分一般人とカラオケしたことないんじゃないの?

当たり前ですか、さいですか。


―――――

ちょい前に母親の雑誌駆除したらすっきりしたので今度は本格的に本棚の整理する事にしました。

とりあえず、本棚最下を占領してる月間ジャンプはいい加減排除。
うわ、レジェンズとか懐かしい。
漫画版キング・コング見たい人は木曜までに申し出てください。雨の染み付いた月ジャンを玄関から回収してお渡しいたします。

さて問題はノートの処分です。
学校で使ったノートは前に片っ端から捨てましたがなんか未知のノートが大量においてありました。
大半は白紙だらけだったんだけどなんかもう変なのが数冊。



まず模様がピンクと白の網掛けが表紙の変なノート。
開いたらなんか伊藤家の食卓で紹介してた裏技書き綴ってた。
ゆで卵のコツとか白壁の穴の埋め方とかセーターの毛玉取りとか。
俺にこんな趣味があったとは驚きである。
しかもこのノート、1ページしか埋まっていないのである。新品である。



さて、次は何と関西志学館とかいうとこのノート。何処なのかは俺も知らない。
開けてみると、ちょびっツの中の絵本の内容模写してた。何考えてるんだコイツ。
いや内容凄く良いけど!絵本にしてはとっても暗い話だけど!
しかもボールペン。
しかも修正ペン使ってる。本格的!
まぁ、ちょびっツ知ってる人あんま居なさそうだしこれ以上は言わない。



さてさてお次は皆さんご存知Campusノートです。一般的。
開くと文字がびっしりです。ご苦労様です。
読み返すとなんとコレ私の日記だったのだ!!2006/3/16!
凄いぜ初日から2ページにびっしりかいてやがる!
これはッ3日坊主の臭いプンプンだぜッ!!!

だが、甘い。俺を常識で考えるというのがそもそも間違っている。

その通り、私は変人だ。

だがしかし、天才はその時代で言うに変人の類だったとされる。

つまり、私は天才だ。

天才の日記がたかだか3日で終わると思ってくれるなよ?

なななんと!!

二日だ!

どうだ、私の常識に囚われない飽きっぷりの速さは。

しかも2日目の締めくくりとか

『また俺のじゅみょうが一日減りました。』


萎えてきた。

3日目とか日付だけだもん。なんなのコイツ。俺だよごめん




さてさてさて、最後です。『らくがきちょう』って名前が右上にプリントされて真ん中を蛙と思わしき二足歩行動物が野球してます。
左上の蛙がこちらを向きながらバント打つと右上の蛙の更に右上に球が飛ぶという素晴らしいコントロールを魅せるスキルの高い蛙達です。
表紙を赤ペンでぐるぐると絵心の感じられない絵を描いている辺りどう見ても可愛らしいらくがきちょうです。
めっちゃ薄いし千切りまくってお絵描きしてたんだろうけど。
とりあえず開く。

なんとエロゲの名前がびっしり。
実にシュールである。

ふたりでマーブルしちゃいます!

うっせーよ!!!

何このパソコン買いたてもやもや真っ盛り状態。


2ページ目開いたら

メイドさんしぃし~

とだけかかれてたし。もうやだ何なの俺の人生。




めくってると最後の最後に四つ折の紙がありました。
どう見てもエロゲじゃないです。安心です。
しかも糊ではっつけてる辺り結構な代物です。期待大です。





それは、恐ろしいドラゴンでした。

羽ばたく二つの翼はとても強靭で何人もの剣士を吹き飛ばしました。

細く長い尻尾はとてもしなやかで何十人もの戦士をなぎ払いました。

太ましい両腕には尻尾にも劣らぬ長さの武器を備え何百もの勇士を刺し殺しました。

そして両肩に乗せたビーム砲の力は絶大で何千もの国を滅ぼしました。

そのドラゴンの名は、『ドラゴンセイバー』

そのドラゴンの罪深き創造者はこう言いました。



『手にそうびしている刃はどんなものも切りさくぞ!!そして、ビーム砲は山の粉さいなんて楽勝さ』


ドラゴンセイバー







うっせーよ!!!

ヤバイ、汗やばい
なんでこんなこと書いてるんだっけ


続きを読む »

スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : 日記 ドラゴンセイバー

| ホーム |


 BLOG TOP